住宅エクステリア・外構・造園ポータルのe-toko
住宅エクステリア・外構・造園ポータルのe-toko

住宅エクステリア・外構・造園ポータルのe-toko エクステリア・マップ エクステリア・カタログ エクステリア・求人 学校を探す エクステリア・デザイン 施工例集 動くギャラリー 日本と外国の庭 エクステリア・ブログ イベントレポート e-toko会員ページログイン

青梅市 高基礎仕様の高耐久住宅基礎(ベタ基礎)工事
青梅市・一般住宅の高基礎仕様の高耐久基礎工事をご紹介致します。住宅を支え、その最も重要な構造体である基礎。ベタ基礎は布基礎と比較して耐震性に優れ、また湿気を防止するため建物の寿命を伸ばしてくれます。今回の高耐久基礎工事では、裏手の基礎を1メートルまで上げて施工しました。〜高耐久の高基礎の施工〜 ?掘削・砕石転圧掘削後に砕石を敷き入れ、しっかりと転圧をかけます。 ?防湿フィルム・捨てコン転圧した砕石の上に、土面からの湿気上りを防止する防湿フィルムを設置し、型枠を組んで基礎の位置出しのための捨てコンを打設します。 ?墨出し・外枠・配筋鉄筋組の精度を出すための墨出し、外枠の設置、配筋組みをします。 ?ベースコンクリート打設ベースコンクリートを打設してバイブレーターをかけ、しっかりと硬化するまで養生します。 ?立枠組・立打設・アンカーセット・基礎天端レベリング基礎の立ち上がり部の鋼製枠組を設置し、コンクリートを打設します。木造の土台と基礎を連結させるアンカーの高さを調整し、天端を水平にするためレべラー(特殊コンクリート)を流し込みます。 ?脱枠・整地・玄関打設養生完了後に枠組みを解体し、清掃・整地します。玄関部分の土間コンクリートは最後に打設します。こちらの土地のように隣接敷地の地盤が高く擁壁等がある場合は、災害時の倒壊範囲を想定し…
2021/11/22 18:06 山?造園土木(ホーム)
やまざきぞうえんどぼく
山造園土木
〒198-0005 東京都青梅市黒沢2丁目1240
[TEL]050-3736-4128
[FAX]0428-74-4140
 このホームページ/ブログからの最近の投稿
青梅市 高基礎仕様の高耐久住宅基礎(ベタ基礎)工事
青梅市・一般住宅の高基礎仕様の高耐久基礎工事をご紹介致します。住宅を支え、その最も重要な構造体である基礎。ベタ基礎は布基礎と比較して耐震性に優れ、また湿気を防止するため建物の寿命を伸ばしてくれます。今回の高耐久基礎工事では、裏手の基礎を1メートルまで上げて施工しました。〜高耐久の高基礎の施工〜 ?掘削・砕石転圧掘削後に砕石を敷き入れ、しっかりと転圧をかけます。 ?防湿フィルム・捨てコン転圧した砕石の上に、土面からの湿気上りを防止する防湿フィルムを設置し、型枠を組んで基礎の位置出しのための捨てコンを打設します。 ?墨出し・外枠・配筋鉄筋組の精度を出すための墨出し、外枠の設置、配筋組みをします。 ?ベースコンクリート打設ベースコンクリートを打設してバイブレーターをかけ、しっかりと硬化するまで養生します。 ?立枠組・立打設・アンカーセット・基礎天端レベリング基礎の立ち上がり部の鋼製枠組を設置し、コンクリートを打設します。木造の土台と基礎を連結させるアンカーの高さを調整し、天端を水平にするためレべラー(特殊コンクリート)を流し込みます。 ?脱枠・整地・玄関打設養生完了後に枠組みを解体し、清掃・整地します。玄関部分の土間コンクリートは最後に打設します。こちらの土地のように隣接敷地の地盤が高く擁壁等がある場合は、災害時の倒壊範囲を想定し…
2021/11/22 18:06 山?造園土木(ホーム)
青梅市 小さなお子様が安全に歩ける、山林内の通路整備工事
青梅市で承りました、通路整備工事をご紹介します。山林の斜面に勾配の緩やかな通路を作り、木目が美しい丸太材の手すりを設けました。 ご依頼は、小さなお子様でも山林内を安心して歩けるような通路の整備でした。子どもたちは道路から山林内を通って目的地へ向かいますが、高低差が大きい山林内の通路部分は距離が短いため急斜面になっていました。 Before|After 施工前は道路の直下のみモルタルの通路になっており、その下は急な斜面が続いていました。短い距離の大きな高低差を解消するため、道路からのアプローチ部分はしっかりした基礎を設けてコンクリートで舗装。道路との段差も小さくし、折り返しを設けることで通路全体の勾配をゆるやかにしました。 Before|After 小さな子どもが使うことから通路や柵は安全第一である事のほか、周囲の自然と調和した物にして欲しいとのご希望もありました。そこで自然な木目を活かした丸太材を使って転落防止のフェンスを設け、幼児でも手が届く位置まで丸太の手摺りを設置しました。通路上手の折り返し部分のみコンクリートで舗装して表面を滑り止めで仕上げ、下手部分は砕石舗装としています。 手すりと土留め柵には、耐久性はもちろん人体にも安全な防腐・防虫剤を加圧注入した木材を使用しています。天然材の柵は時が経つにつれて渋いグレーへと変化してゆき、周囲の木…
2021/11/02 13:28 山?造園土木(ホーム)
青梅市 隣地境界の土留め擁壁工事
青梅市で承りました、住宅の建設に伴う境界擁壁工事をご紹介します。 擁壁工事の完了写真です。工事の時は住宅の建設は始まっていなかったため、掘削残土はすべて敷地内に仮置きし、土地の傾斜部分に余剰残土を使用することで土工事費用の削減に繋げています。 隣地との境界は高低差があり、ブロック塀で土留めをしてありました。掘削は、既存のブロック積み土留め塀の解体と交互に進めていきます。隣接地のご近所様にご協力を頂き、保安用の防護ネットを設置してから解体作業に入りました。 掘削完了後、砕石を入れて転圧します。法面は崩れを防ぐ為シートで養生しています。 下層に再生砕石RC40-0を入れてランマ―で転圧、上層を硬質砂岩砕石C40-0にて仕上げます。 砕石転圧後、捨てコンを打設して鉄筋を組んでゆきます。鉄筋組の精度を出すため墨出しはできるだけ綺麗に打ち、正確に配筋します。水平垂直・間隔を確認しながら、ベース筋?→縦筋?→縦筋?→ハンチ筋→ベース筋?の順番で組立てます。 ベース枠を組み、ベースコンクリートを打設します。ベース枠を組むときには同時にハンチ枠も組みます。一段高くなった部分がハンチで、この部分を平らにして雨水排水の底盤とします。ハンチを平らにすると斜めに型枠を組むよりもコンクリート量は増加しますが、強度はより増し、また型枠作業を簡略化することができます。 …
2021/09/14 10:34 山?造園土木(ホーム)
カーポート「マイポートNEXT」を既存の土間コンクリートの駐車場に新設しました
四国化成のカーポート「マイポートNEXT」の施工の様子をご紹介します。「柱が邪魔にならないスタイリッシュなデザインのカーポートを」とのご要望を受け、幾つかの候補を上げた中から「マイポートNEX」を採用することとなりました。悪天候時には、補助柱の使用をお願いをした上での施工となります。 「カーポートは既存の土間コンクリートを解体せずに施工して欲しい」との事でしたが、土間は家の壁面近くまできており、メーカー指定の基礎の設計寸法がとれません。そこで、住宅基礎・外構基礎とをアンカーと鉄筋配筋にて接続して柱を建て込み、カーポートの基礎を打設して強度が出るようにしました。基礎コンクリートが硬化するまでの間は、フレームにサポート柱を設置してカーポートの柱が動かないよう固定します。 打設するコンクリートも充分な量を確保しました。 養生後砕石を敷きなおし、屋根パネルを取り付けます。サポート柱を取り外して、完成です。 既存の木調フェンスと色を合わせることで統一感も出て、高級感のある駐車場になりました。 後方支持柱のカーポートは車の入出庫も人の導線もスムーズで、スペースも有効に使えます。 躯体と境界塀ギリギリに、柱を収めることができました。積雪や突風時には万が一に備えて補助柱を取り付けていただきます。当社ではお客様のご意向を出来る限り…
2021/08/09 19:16 山?造園土木(ホーム)
入間市 段差のある隣地境界を擁壁で土留めし、化粧ブロックとフェンスで仕切りました
入間市で施工しました、隣接地との土留めブロック・フェンス工事をご紹介します。 Before|After 施工前、隣接地との境界は生垣で仕切られていました。高低差がある境界には土留めが無いため、雨などの影響で畑側に土砂等が流出してしまいます。そこでコンクリート擁壁の土留めにブロックを積んで高さを出し、フェンスを取り付けて仕切りました。 掘削後の状況です。畑側に敷板をし、養生します。 砕石を転圧し、ベース(底版)コンクリートの型枠を組みます。 まず最初に、土留め壁を設ける場所の垣根を撤去します。目印となる丁張をかけて掘削し、砕石を入れ転圧してしっかりと締固めた後、ベース部分の型枠を組みます。 加工した鉄筋を組み終わりました。 ベースコンクリートを打設します。 擁壁の立ち上がり部分の型枠を組みます。 完成したコンクリートの土留め擁壁にブロックを積んでいきます。 ブロック積みの鉄筋の設置間隔は、建築基準法で縦横に800ピッチ(80センチ間隔)以下であることと定められていますが、当社では800ピッチの倍の鉄筋を使う400ピッチ(40センチ間隔)を基本としてます。 リブ模様の化粧ブロックを2段積み、フェンスの柱を取り付けます。 ブロックの天端をモルタルで仕上げ、フェンス本体を取り付けます。 境界上に土留めを設ける場合は隣接地も掘削、工事します…
2021/08/03 19:13 山?造園土木(ホーム)
SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)構造ビルの基礎・スラブ工事
SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)構造ビルのスラブ(床板)のコンクリート打設工事の様子をご紹介します。 施工前の準備状況です。アスファルトにカッターを入れて解体・撤去後、基礎部分を掘削します。 掘削した基礎部分の壁面をブルーシートで養生し、砕石を入れて転圧します。 柱脚に使用しているのは、高い耐震性能を誇る「ベースパック」です。原寸大の設計図となる「墨出し」のための捨てコンクリートを打設し、ベースパックの主要部材のアンカーボルトを所定の位置に設置します。 基礎型枠を設置して加工した鉄筋を組み、基礎コンクリートを打設して養生します。 養生終了後、型枠を外したところです。この後、鉄骨建方の作業へと進みます。ベースパックのアンカー部分に柱が建ちます。 基礎部分を埋め戻し、砕石を入れて転圧します。荷重が大きくかかる建物では、このように鉄骨の柱で床スラブを支えます。鉄骨建方完了後、柱の基礎部分に高強度の無収縮モルタルを注入し、柱のベースプレートとアンカー・基礎コンクリートを密着・固定させます。 2階部分にも、設計図に従って配筋をして行きます。角波形の薄い鋼板は、床の強度を保つデッキプレートです。2階のデッキ部分には排水のためのドレンも設置します。 スラブ配筋が完了しました。 打設したコンクリートをコテで均して表面を平滑に仕…
2021/07/08 10:34 山?造園土木(ホーム)
青梅市 2段カロートの洋型墓地新設工事
青梅市にて承りました洋型墓地の新設工事をご紹介します。洋型は安定感のある形でデザインの自由度が高く、近年人気の墓石です。コンパクトな見た目ながらカロートは2段式で、6個のお骨壺を収納することができます。 まず最初に、基盤をつくっていきます。お墓を立てる場所の地盤を掘削した後に突き固め、更に砕石を入れてしっかり転圧します。 砕石転圧後、コンクリートを流し入れる型枠を組み、配筋します。水抜きのためとお骨を土に還す場合も考慮し、小さな型枠を中に入れて土の面を残します。 基礎を打設、養生後の状態です。外柵を組むためのアタリ(ガイド)をつけておき、この上に外柵を組んでいきます。 下段の外柵を据え付けます。左の画像は、基礎の角部分に埋め込んだ補強のための金具です。この金具で基礎と枠を噛み合わせ、補強します。真ん中の画像では、アール状に加工した手前の柵を据え付けています。このような曲線加工の石も据え付け時の運搬に支障が出ない程度であれば、ご要望の形状に施工が可能です。石材が土圧などでずれないように、外柵のコーナー部分も金具で補強します。 石材納骨堂(カロート)を設置したところです。 お墓を選ぶうえで重要なポイントが、できてしまうと見えなくなってしまう、このカロート(納骨堂)の大きさ(深さと広さ)です。安さを売りにしたお墓には、カロ…
2021/05/20 10:59 山?造園土木(ホーム)
青梅市 高低差のある敷地に、積雪50センチ対応のカーポート・LIXIL「ソルディーポート」を施工しました
青梅市のカーポート工事をご紹介します。こちらの場所はカーポートの雪降ろしが難しいため、50センチの積雪に耐えるLIXIL「ソルディーポート」を提案し、ご了承いただき施工しました。耐積雪強度だけでなく耐風圧設計にも優れたカーポートで、光を通すポリカ屋根が車庫内を明るくキープします。 現場は道路に面した角地で左手側と間口側のどちらも坂道になっており、敷地にも高低差があります。そのため雨水排水を考慮して熟慮の上、土間の勾配を設定しました。 Before|After 物置スペースとして使っていた部分に2台用のカーポートを設置し、駐車場にリフォームしていきます。既存の石塀を解体、物置や植栽とともに撤去後整地。柱の基礎で調整して、カーポートの屋根を水平にします。 カーポートが立ち上り、土間基礎のワイヤーメッシュを配筋したところです。土間を打つ場所は左道路から右下へ向かって大きく傾斜しているため、低い部分のレベルを上げてフラットにしつつ水の流れ込みを止め、かつ駐車場として使いやすい勾配設定を考慮します。 左手の道路に立ってカーポートを横から見たところ。右側が間口です。駐車場のコンクリート舗装面が左手の道路より低いと、雨水が土間内に流れ込んでしまいます。そのため道路より土間面を高くするのが理想ですが、駐車面の高低差がより大きくなるため土間面に大きな勾配がついてし…
2021/04/12 17:17 山?造園土木(ホーム)
青梅市 砕石舗装をロープで区画し車止めを設けた店舗用の駐車場
青梅市で施工しました駐車場工事をご紹介します。某有名店に敷地内の一部を駐車場として貸しているオーナー様から、駐車場の拡幅をご依頼いただきました。 Before|After 既存の貸し駐車場に隣接した畑として利用されていた部分を、駐車場として拡幅します。今回のケースでは拡張部分の地目(ちもく)が畑ではなかったため、スムーズに工事ができました。地目が「畑」の場合、農地法によって20年以上耕作が放棄されている等、様々な条件が揃わないと原則として駐車場への変更はできません。 Before|After 工事は店舗側とオーナー様のご要望を伺い、プランを決定しました。店舗側からのご要望は駐車台数と出入りする間口の広さ、そして店舗使用の駐車場となるためきれいに整った見た目も重要なポイントでした。オーナー様からは雨水がスムーズに排水できるように、また店舗側への配慮として畑との境などの周囲をきれいにして欲しいとの要望でした。 雨水の処理については、写真上(奥)の既存擁壁側へU字溝を設置して水勾配をとって舗装。雨水がU字溝へスムーズに排水されるようにしました。 写真左に排水溝があります 反対側から。写真右に排水溝があります 駐車場は砕石を二層に使い分けて舗装しました。まず下層部に安価なRC(リサイクル)砕石を敷き均して転圧し、その後上層部に綺麗な砕石を敷…
2021/03/29 19:42 山?造園土木(ホーム)
青梅市 玉石積みの石垣〜稲荷神社の石垣改修工事
青梅市の稲荷神社の石垣改修工事をご紹介します。既存の玉石積みを解体して積みなおし、神社の周囲と石垣の上面にコンクリートを打ちました。 施工前の稲荷神社の石垣です。目地の経年劣化と大木の根によって、コーナー部分が大きくひび割れて崩れかかっていました。切り株の伐根処分と石垣の修繕のほか、石垣上部の神社周囲を土間コンクリートにしたい、とのご依頼をいただきました。 既存石垣を解体し、掘削して行きます。石垣の内側には街灯のポールがあり、石垣の解体と土の掘削で基礎が動き倒れてしまわないよう、単管パイプで固定しています。2tダンプは50mほど手前までしか入れないため、資材の搬入や残土等の搬出は軽トラックで行いました。 基礎を作って丁張をかけ、新たに用意した玉石と既存の玉石を使い、サイズをできるだけ揃えながらバランス良く石を積んでいきます。はずした玉石は再利用できるものをより分け、小さいものは使わずに砕き、裏込め用にしています。裏込めには砕いた玉石のほか、取り出してきれいにしておいた既存の裏詰め(ガラ石)を使っています。現場で出たものを捨てずに資源として再利用する事で、処分費・運搬費も削減でき、新たに購入した単粒砕石を入れるより材料コストがかかりません。 丁張に沿って石積みの天端を積み終えました。切り株の伐根時に崩れて部分にも、土は使わず石ガラを裏に詰めて…
2021/02/17 15:32 山?造園土木(ホーム)
e-tokoブログ HOME  利用規約  お問い合わせ
エクステリア外構花壇機能門柱表札ポストブロックインターホンガーデンゲートデザイン門柱サクラ生垣フェンスガーデニングトーシンコーポレーションウッドデッキテラス立水栓ウッド角柱YKKタイル塗装モード造園ガーデンファニチャーベンチルアレンガユニットイロハモミジノムラモミジモミモミジサインソヨゴ木製フェンスエスビックパーゴラマリンランプアトリエ美濃クラフト福彫天然石ウッドフェンスチョイスフレーム格子寄せ植えチェッカーグランド公園マサキウメタマリュウ門扉サイクルポート物置マツ三協シャッターゲートガードガレージ四国化成アルシャインイナバポスタダウンライトライトユニソン舗装材オリーブファサードアメリカン武蔵手摺階段バラオミナエシススキハギプランター菜園野菜キャベツレタス白菜ブリックパブリック東洋工業ガーデンシンクボタンカーポートディーズガーデン笠木スティックルーベ水鉢物干しアジサイコデマリブルーベリーレモンアリッサムネギ竹垣建仁寺垣宅配ポストデザイン門柱ササ蛇口金具アイホンソニックボックス宅配ボックス駐輪場サンルームストックスクリーン和室アルミフェンスブロックフェンスヒバ手すり照明ステップシャラコスタヤマボウシパンジーペチュニアジュンベリー素焼きグミ暖蘭物語ムクシモツケシャリンバイシラキツツジヤナギユキヤナギローズマリーユスラウメ果実パネル勝手口側面パネル灯籠TOEX引き戸ウィンスリーポートエクスラインコーディセレセレビュープログコート開き戸プロヴァンス袖壁カツライチョウパレットメッシュクヌギイスノキイヌマキサルスベリスノキビワマキ三和ダイコン伸縮門扉アイアンロートアイアン花台花鉢タカショーガーデンフェンスアーチ門灯モッコクEXTERIOR車庫スポットライトポールライトサポート柱
 

運営会社:オーセブン株式会社         当サイトご利用について
Copyright 2011 オーセブン株式会社 O-SEVEN Co.,Ltd.